読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大久保智のブログ

ヴァイオリニスト大久保智の日々

音程について①

こんばんは。

 

こちらでは、音程について書いていこうと思います。

 

大多数の人が悩むことの1つに、音程があると思います。

ヴァイオリンはフレットがないため、自分で音程を作らなければならず、苦労が絶えません。おそらく、一生の課題の一つです。

 

僕も例外ではなく…というか、壊滅的に悪い為かなり苦労しています。

 

大学院に入学して3回目くらいのレッスンの時

「音程って何?」

と先生に聞かれ、答えられませんでした。

「それが分かってないとレッスンにならないよ」

と言われ、苦悩すること一週間…

 

音程とは…「音と音の距離」なんです。

よく勘違いしがちなのは、「座標」だと思う事。

演奏中に調弦が絶えず変化するヴァイオリン族にとって、「座標」はあまり意味がないんですね。

「ここを押さえればこの音程が出る」ということは無いのです。

なぜなら、弦が伸び縮みしているからです。

 

「音と音の距離」=「指の幅」なんです。

 

さて、ここまでご理解頂いたところで、ピンときた方は直ぐに効果が出ます。

不安定だった音程が安定してくると思います。

 

効果が出るには、やはり音階練習が一番です。

音階をやる、という事は、自分で「音と音の距離」=「指の幅」を確認・矯正していくという事だからです。

 

今日はこの辺にして、また追記していきたいと思います。

 

 

それでは